検索







ナガハナダイ属

アサヒハナゴイ

学名:Pseudanthias flavoguttatus
生息地:西部太平洋
昔は高嶺の花だったナガハナダイの1種、海外からコンスタントに入荷されるようになり、あちこちのショップでも見かけることが出来ます。タイガークイーンになんとなく雰囲気が似ています。
餌付けランク:容易

アサヒハナゴイ

やどかり屋に入荷したときの値段7,980円

このサイトの生体写真はやどかり屋に入荷した個体を撮影しました。



オオテンハナゴイ

学名:Pseudanthias smithvanizi
生息地:沖縄(西表)~インド洋
値段が安いですが、綺麗な色合いで人気があるハナゴイ、やや神経質ですが、群れさせると、飼育しやすい。
餌付けランク:容易

オオテンハナゴイ


やどかり屋に入荷したときの値段1,480円~

このサイトの生体写真はやどかり屋に入荷した個体を撮影しました。



キンギョハナダイ

学名:Pseudanthias squamipinnis
生息地:伊豆より南部
日本の南部でも磯で幼魚を見かけることができる。大きくなると群れて生活をしている。沖縄から幼魚が入荷するが6月くらいのシーズンもの。
餌付けランク:容易

キンギョハナダイ
沖縄便の幼魚

キンギョハナダイ フィジータイプ
フィジータイプは色が濃く人気

やどかり屋に入荷したときの値段980円~

このサイトの生体写真はやどかり屋に入荷した個体を撮影しました。



コウリンハナダイ

学名:Pseudanthias parvirostris
生息地:伊豆~インド洋
観賞魚では、フィリピンより西で取れた個体がコウリンハンダイ、モルディブ便がディアデム アンティアスと呼び名を変えて産地を区別している。モルディブ便の方が高価だが、色も綺麗です。
餌付けランク:容易

コウリンハナダイ
マニラ便の個体

ディアデムアンティアス
モルディブ便ディアデムアンティアスで入荷する。

やどかり屋に入荷したときの値段2,980円~

このサイトの生体写真はやどかり屋に入荷した個体を撮影しました。



フチドリハナダイ

学名:Pseudanthias randalli
生息地:西部太平洋(沖縄にもいる)
この種類は、ハナゴイと呼ぶのにハナダイと呼ぶのでややこしい。レスプレンデントアンティアス似よく似ているが、こちらの方が赤みが強い。見分けるのは、カーディナルテトラとネオンテトラより難しいかもしれない^^;2種類同時入荷してるショップを見かけると、比べてみましょう。
餌付けランク:普通

フチドリハナダイ

やどかり屋に入荷したときの値段2,480円

このサイトの生体写真はやどかり屋に入荷した個体を撮影しました。